ニュース

理事長 草場先生の部屋

ハイブリッド横浜大会

6/11-12にパシフィコ横浜で開催された第13回学術大会。

3年ぶりに京都大会以来の現地参加可能な大会、皆さんも楽しんで頂けたことと思います。
ハイブリッドということでオンラインでの参加も可能で、現在でもオンデマンドコンテンツを8月末まで視聴することが可能です。コロナ禍を経て生まれたこのスタイルは今後のスタンダードになっていくことと思います。

コロナ禍で得られた貴重な経験

私自身も横浜で様々なシンポや講演に参加しましたが、やはり久しぶりに感じる参加者の熱意やディスカッションの様子は格別でした。オンライン参加と異なり、他の参加者がどのような雰囲気で学びを得ようとしているのかを体感できました。学習は個人の中で完結するのでは無く、学習コミュニティの中での自分のあり方を意識することが、モチベーションの高まりにつながることがよく分かりました。これもコロナ禍で得られた貴重な経験の一つかもしれません。

若い皆さんのパワーを結集してきっと素晴らしい第14回大会へ

来年5月に開催される名古屋での第14回となる学術大会。大会長の大杉先生が実行委員会の皆さんと横浜大会の有り様を丁寧に視察されていたのが印象的でした。横浜で生まれたこのスタイルがどのように洗練されていくのか、非常に興味があるところです。若い皆さんのパワーを結集してきっと素晴らしい大会へとつなげてくれると信じています。会員の皆様も「来年5月は名古屋に!」を合言葉に楽しみにして参りましょう。

草場鉄周

最終更新:2022年07月04日 21時22分

「もっとプライマリ・ケア」 編集担当

記事の投稿者

「もっとプライマリ・ケア」 編集担当

タイトルとURLをコピーする